FC2ブログ
TopRSS管理
続:血尿治療 ~D君と私の関係~
のびー


塩さんの止血剤は10日分しかもらってなかったので
先週の火曜日に切れていました。

その後の調子を注意深く観察しつつ過ごしたけど、
やっぱり少しずつ血尿の兆候が・・・。
土曜日に獣医さんとこに連れていきました。

いろいろと今後を話し合った結果、“手術はしない”という結論に。

もし、どこそこが悪くて手術の必要がある、というのなら
迷わずに手術を選択するけれど、どこが悪いのか分からないままに
試しにお腹を開いてみる。ということに抵抗がある。

結果、「やっぱりわかりませんでした」ってこともあるし。

一番心配なのは、山口の動物病院に入院させるってこと。


以前の塩さんは、たいへんにフレンドリーな性格で
初めてのお客さんでも平気で腹を見せるタイプでした。

でも動物病院に行った日を境に、家族外の人から逃げるようになった。
(1時間も居ればすぐに腹見せしてるけど。)

物音にも敏感になってるし。

よっぽど怖かったんだと思う。

もしも、手術+入院などになったら、
血尿よりも重篤なストレス障害になりそう。
しかも山口は遠すぎて簡単にはお見舞いに行けない。


そのことを素直に獣医さんに伝えました。
先生も納得してくれて、止血剤で対処療法を続けることになった。
(止血剤を長期服用することに副作用はないそうです)


それはそうと、動物病院でびっくりする事実発覚。

獣医さん、、私とD君を兄弟だと思ってたみたいだ…。

普通、週末に車で男女がペット連れてきたら
カップルだと思わないか!?
結婚指輪してるし!
顔似てないし!!

要するに・・・年齢差があるって思ってたってことねー;;

だって、私を「お姉さんの方」って。。

「夫婦なんです・・・」に加えて、
「同じ歳なんです」って言っとけばよかったわ。

D君!
あなたが童顔すぎるのよ!


Dと塩3

関連記事
[2008/02/12 00:00] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ゆれる』 | ホーム | 節分用鬼ヘッド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sionekoya.blog68.fc2.com/tb.php/88-cb479e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |