FC2ブログ
TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
長崎・佐世保子連れ旅行記。<1日目>
8月に沖縄に家族旅行に行く予定で、もんのすごく楽しみにしていました。

どこに行こう~、沖縄にいる友人とも会える~!と。

なのに・・・なのに神様はイジワル。

近年にない記録的な台風15号、ボラヴェンがやってきただとー!!?

飛行機、飛ぶの?
こんな天気じゃ幸い沖縄に渡れても、乳幼児二人連れた旅行ってキツくない?

と、旅行数日前にダメ元で旅行会社に電話してみると、、フライト欠航はまだ決定していないが、
今回は巨大台風なので数日前の時点で全額無料でキャンセルに応じてくれるという。。


・・・今なら、行き先変更が間に合うかもしれん。

と、急きょ沖縄⇒長崎に旅行先を変更したのでした。


今回は写真も多数、長~くなりそうなので久々に記事を「折りたたむ」ことにしました↓


ほんと、予定していた日の二日前。
しかも夏休み最後の土日。

沖縄に行く予定だったから、なんとなく海が見たい。
おいしいものが食べたい。
じゃあ、、長崎?佐世保??

たしか、伊王島とか家族向けよねー。
と調べたけど、どっこも空いてない!
夏休みだもの!そりゃそうだ!

ハウステンボスの宿も調べたけど、高い!

そして、4月の広島旅行での経験から「乳幼児連れなら、オシャレさよりも和室が快適」という結論が。

いろいろと猛烈に調べまくって、あちこちの宿泊施設に電話確認してみる。

「和室(和洋室)がないか?」
「ベビーベッド貸出は?」
「ベッドガード貸出は?」
「おかゆ頼んだら炊いてくれるか?」

・・・そして、ついに見つけた。
「佐世保市中心部で一番赤ちゃんに優しいホテル」として評判の『ホテル万松楼』!!

なんとか一部屋空いていたため、2連泊で即予約です。

ここのお宿、また佐世保に行ったときには行こうと思えるくらい子連れには良いお宿でした。

 ・夕食は、子連れのみ部屋食にしてくれるので、子供がウロチョロしてもくつろげる。
 ・子供用館内スリッパ、子供用椅子、食器、パジャマなど用意してくれる。
 ・添い寝プランだったのに、もう一枚布団を敷いてくれた!
 ・宿泊客は、広い家族風呂(天然温泉!)を1時間無料で貸切。
 ・スタッフの方みんなが子供に優しい。
 ・おそらく上下左右、子連れ客で部屋を固めているので、走っても泣いても「お互い様」な感じでラク。

他にも細かくありますが…一番はコレでしょう。

夕 食 が 美 味 し い !!

はっきり言って、施設や備品は古いです。
オシャレ感もなし。
増築してるのか、ホテル館内はお風呂までの道のりなど複雑で、ちょっと移動が大変です。
(子供は探索できて楽しいのかも)

でも、でも、とにかく夕食が美味しい!
2日目は違うメニューが出て、「2連泊で良かった~^^」と思いました。


よし。
それでは順を追って、旅行記です↓

<1日目>
まだ台風の影響は出ていないものの、風が強くなりそうだ…と思いながら出発。

大人だけなら長距離一気に高速を走れるけれども、
子供たちのトイレ休憩も兼ねて何度もSAに立ち寄りながらの往路です。

このトイレ休憩のたびに、こっちゃんと一緒にトイレに行く→車まで戻り、奏ちゃんを抱いてオムツ替えに行く。
という往復がママにはけっこうしんどかった(笑)。

最近のSAは、男性トイレ側にもベビーシートが付いていることが多いのだけど、
どこのSAならそれが付いているのか把握してないもんで・・・。

そして、こっちゃんをパパが連れて行けば同時に終わるんだが、
パパ曰く、「男性側の個室トイレは強烈に汚い」と。。

ぶきっちょなパパが、その汚いトイレ床にこっちゃんのズボン裾とかを擦っちゃうんじゃ…いやあぁぁぁ!
と妄想しちゃうので、結局私が連れて行くのが無難なのです、ハイ。


猛暑の8月、マメに水分補給もさせないといけない。
結局朝出発して、佐世保に着いたのは13時30分くらいでしょうか。

さきに宿泊先の確認を、とホテル万松楼にカーナビの案内で向かう。
そして、、最初にカーナビが案内したのは急激な階段しかないホテル裏側。
ちょッ・・・カーナビさん?
あんたうちの車が階段行けると思ってんの?


とイライラしつつ、ホテル正面側に向かうと、ここが驚くべき急勾配!
そもそも、ホテル自体が小山のてっぺんにあるような感じで、
坂があるのは当然だったんだけど・・・この車でここまでの坂は初めてかもよ(笑)?

マニュアル車だったりしたらかなり辛いかもしれません。
それどころか、エアロパーツとか付いてる車だと、車が無傷でいられるか疑問です。

そんな急な坂を上って、、着いたのは昔からあります的な古いホテルです。
リハビリ専用の湯治施設があるくらいなので、泉質はかなり期待できそう。

しかしチェックイン前に行ってしまったものだから、荷物などは預けられずに車で再出発。
っていうか、徒歩(ベビーカー)じゃああの坂は到底ムリ。。

スマホで佐世保名物を調べて「レモンステーキ食べたい!」と、
有名なお店に向かったのですが悲しいことに「ランチ終了」の看板がぁ;;

「じゃあ、、、やっぱり佐世保バーガー」とがんばって歩いたものの、満員御礼の様子。
子供たちが待てないよね、ぎゅうぎゅう詰めの店内じゃ、奏ちゃんの離乳食ダメだよね。
と、ものすごく妥協して『梅の花』のランチになった。

この店はチェーン店でして、実は福岡の自宅の近くにもあるという…。
でも座敷だし、子供たちがゆっくりできたので結果オーライです!?

そしてなんとここまで、、写真が一枚もない!!(爆)
いやそんなもんだって!0歳と3歳が居たら、一眼レフ構える余裕ないわ。
(最近、コンパクトデジカメが欲しくて仕方ない)

そこから、歩き回っても疲れるから、もうお宿でゆっくりしようね、とチェックインしました。
子連れ旅行の基本は“スケジュールをゆるゆるにすること”。
これに尽きる。

記念すべき最初の一枚↓ 眠くて泣いています(笑)。
DSC01176_convert_20121001150113.jpg

DSC01178_convert_20121001150144.jpg

なんか泣くと乙女っぽい顔だなぁ。。

実は、チェックインして30分もたたないうちにトラブル勃発。
トラブル源はやはりこのやんちゃ坊主です;;。

机の上に、お湯が入ったポットが備品としてあったのですが、
それを力任せに引っ張り落として、畳の上で中が割れてしまったのです!!

魔法瓶って、簡単に割れるんですね…。
すぐにお部屋担当の人がやってきて、拭いて~掃除機で破片を吸って~、
新しいポットも持ってきてくれたのですが、私たち謝りっぱなし!

いいですよ~と優しく対応してくれましたが、ほんと申し訳ありませんでした。。
(壊したポットの代金請求もありませんでした)

この後、すべての割れ物、触られたくないものは手の届かないところへ!
下にあった電話なども、すべて上へ!!

DSC01219_convert_20121001151608.jpg

その後、眠くなってひとしきりグズグズと泣いて(画像)、
うまいこと夕食前にお昼寝させることができました!
普段から、夕方少し寝てしまうのでタイミングが合いました。


お楽しみの夕食☆

DSC01180_convert_20121001150349.jpg

子供用の食器に、ごはんを無料でつけてくれました。
こっちゃんは私のおかずの中から、食べそうな物を取り分けての夕食です。

DSC01181a_convert_20121001150435.jpg

子供用イスの到着待ち中。
奥では爆睡中。

DSC01182_convert_20121001150536.jpg

さすが長崎!佐世保!魚が美味いよ!!

次から次に出てくる料理にびっくりです。
どれもおいしい。そしてボリューミー。


DSC01183_convert_20121001150639.jpg

息子は途中で起きてきて、ささっと離乳食を完食しました。
こういうとき、早食いの奏ちゃんはある意味助かります。
こっちゃんはゴマ豆腐など好きなメニューもあり、ちょっとの量で満足。

ここでもう少しの時間おとなしくしててもらいたいママの秘密兵器投入ー。

『トミカ』と『アンパンマングッズの付録が付いた箱菓子』。

うちの子は、こういったおもちゃ付きお菓子も、
トミカもお初だったので狙い通り興味しんしん。

大人も最後までおいしくゆっくり食べられました!

部屋にDVD設備などがあったら、家からお気に入りのDVDなどを持参できたんだけどねー。
さすがにそういうサービスはないようで。


このあとは、添い寝プランだったからお布団2枚だと思っていたのに、なんと3枚もしっかり敷いてくれました。
布団2枚に大人2人+子供2人だと、ちょっと寝返り辛いなー、と思ってたのでとても嬉しかったです。


お風呂は天然温泉。
広い家族風呂は、宿泊客は1時間無料で貸切にでき、
家族連れにも嬉しいグッズがたくさん置いてあります。

 ・脱衣所には、広めの布張り腰掛けが。
  赤ちゃんを楽々と転がして着替えができます。

 ・タオルはどっさりと準備されていて、部屋から持っていったのが余ってしまいました。

 ・クローゼットにベビーバスもあるみたいです。

 ・おおきな木の浴槽には、アヒル隊長がたくさん浮いてました(笑)。

 ・途中、瓶牛乳の自販機がありましたので、こっちゃんの毎日飲む牛乳はここで買いました。

 ・アカスリやエステがあるらしく、ヨダレが出そうでしたが、今回は出来ず…残念。


泉質はヌルヌルとしていて、お肌にとても良さそう~。
(滑りやすいので、子供さんは足元要注意。)


温泉だからか、夜中でも体がポカポカ。

そのせいか奏ちゃんがちょこっとグズグズ言いましたが、
周囲もすべて子連れ客だったため、ちょっと泣き声がしようとも
走る音がしようとも「お互い様~」という感じで良かったです。

これ、もしもハウステンボスなどのお高いホテルだったら「すいませんすいません…∞」ってなってたかも。


それでは、2日目に続きます。
長文ですいませんー。

関連記事
[2012/10/01 15:41] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<長崎・佐世保子連れ旅行記。<2日目> | ホーム | 煮洗いのススメ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sionekoya.blog68.fc2.com/tb.php/602-75c29fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。