FC2ブログ
TopRSS管理
「牛乳いっぱいついであげるね!」
はいはいはいはい二人とも!!
いいかげんにお風呂入るよ!(怒)

と、いつまでも遊ぶ子供たちを急かした結果、、、どうしてこうなった。。

moblog_542586ad.jpg


「こっちゃんと奏ちゃん、お風呂チャプチャプしてるよ!」

いや、そういうお遊びではなくて。

浴槽つくるために、それぞれがオモチャ箱ひっくり返したので
派手に散らかってるしー。
そしてその奥には、私が2日間ズボラしただけで洗濯物の山。
はははh・・・。



数か月前くらいから、こっちゃんがよく
「大きくなったら○○してあげるね!」
と言うようになった。

「こっちゃんがこぉーんなに大きくなったら、
 ママがこぉーんくらいちっちゃくなるから、
  そしたらこっちゃんがママに牛乳ついであげるね!」

「チンしてあっためてあげるね!!」

なぜか、こっちゃんは自分が大きくなったら、かわりにママが小さくなると思っているらしい。

だから、自分が大きくなったら私の世話を焼いてくれるらしいです。(笑)


お洋服着せてあげるね!
お料理、ちゅるちゅるもいっぱい作ってあげるね!
ごはんをウサギさんにして海苔乗せてあげるね!

「ほんと~?楽しみ!^^。」

と、いつも答えてるんだけど、お漏らししたときに、
お風呂でシャワーで綺麗にしてあげてたら、
「ママがおしっこ出っちゃったら、お尻きれいにしてあげるね!!」
には爆笑しました。

まあ、私も歳を取って、小さくなるだろうからあながち間違いではなく・・・。
そのときに、いっぱい介護をしてくれるということか?!


そして、こっちゃんが「○○してあげる!」と言うことは、
全部私やDパパがしてあげているほんのちょっとしたこと。

ただ牛乳をついであげるだけじゃなく、
冷たいの飲んだらお腹に悪いから、
ちょっとあっためてあげる~と言うと心底幸せそうな顔をする。

ごはんを動物の形にしたり、海苔で顔を描いてあげると、喜んでそこから食べていく。


たくさん愛を与えれば、あとから愛を与えられる人間に育つということ。

なんか、すごいことだなぁ。
そういう仕組みに、子供なりに自然に気が付いているんだなぁ。


奏ちゃんが生まれる前は、こっちゃんにしょっちゅう絵本を読んであげる余裕があった。
今は時間に追われて、子供たちは自分たちで遊んでいる。

でも気が付くと、こっちゃんが奏ちゃんに絵本を読んであげている。
奏ちゃんも、まじめに正座して、読んでもらっている。

忙しいけど、そういう光景って幸せね。

将来、二人が大きくなって、ママがちいちゃくなったら
ママもふたりから本を読んでもらいます(笑)。
スポンサーサイト



[2013/04/29 02:08] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
気づけば4月。
うわあああん!更新が月イチになってるよおうぅぅ!!!




と、泣いているのではなく、イヤイヤ期に突入している息子さんです。ハイ。
もちろん更新も月イチになっておる。反省していますとも。ハイ…。

息子、うまく食べたいものが口に入らずにかんしゃく君になっています。
手伝うともっと怒る。
目が合っても怒るので、視界のはしっこに彼を捕えつつ、生暖かく見守るのみ。
(娘のイヤイヤ期もこんなんだったなぁ。しみじみ。)

食欲も相変わらず旺盛で、仕事から帰宅して座る間もなくご飯を作っているのに、
足元で勝手に自分の食器を出してバンバン叩きながら、
「ごはんはまだかー!!ごはんを出せー!いますぐ出せー!!」
と泣くわ喚くわ…ママ、がんばって用意するからもう少し落ち着いて作らせて;;。

怒っても褒めても相変わらず食が進まない娘との違いにびっくりですよ。
一歳半で、すでに「小食な大人の女性」くらいは食べますからね。
成長期になったときの食費が恐ろしい。。


そして、塩猫さん。




相変わらずフッサフサで甘えん坊、良い子でドMな彼は、攻撃的な息子ともうまくやっています。
でもここ数週間、歩くとカチャカチャと爪の音がする…。

普通、猫は歩くとき無音なんですよ。
爪も収納されて、あのやわらかーい肉球クッションで静かに歩くんです。

爪の音がする、ということは、どっかの爪や指が弱ってて、
収納できなくなってるのか?ケガ?神経系??
と、心配になりひっくり返して爪を全部チェックしました。

すると・・・コイツ、爪とぎを怠っていたらしく、
すべての爪がずんぐり太巻きになっていて角質化してました(泣)。

猫飼っている人にはわかると思うんですけど、
爪とぎってですね、ガリガリして、「爪を外側から剥く」作業なんですよね。
だから、爪が脱皮するとでもいいましょうか、ペリペリっと剥けて、中から鋭く細い爪が露出するんです。

うちの塩猫さんは、来客がビックリするくらいにカーテンでも畳でも、
壁でもソファでも爪バリバリしない。猫飼ってる家とは思えないくらい綺麗なもんです。
飼い主としては楽なんだけど、こんな角質化するまでほっとくなんて・・・。

 お前、猫としての性分はどうしたのよ!
 ちょっと、ケモノとしての自覚に欠けてるわよ!!
 怠慢よ!!

とブツブツ文句言いながら、すべての爪を剥いてあげましたよ。。
「ニョーン」とか言いながら、素直に爪剥かれる塩さん…。
飼い主にここまでしてもらってる猫はどうなのよ。
爪とぎはちゃんと麻ロープを巻いた柱(?)という、
立派なやつを用意してるんだから、自分でケアしてよね!




そして、本日進級した娘のために、「コップ入れ袋」と「お弁当箱袋」を作りました。

同じ布、パターンで作ってしまったので、
間違わないようにそれぞれ「スプーン&フォーク」「ハブラシ&コップ」を刺繍。
コップ入れのほうには引っ張り紐に、赤い丸ポンポンを付けてみました。

ポンポンを初めて付けましたが、思ってたより簡単でした。

布を丸く切って、ぐし縫いして軽く引っ張って丸みを付けたら、
中に手芸ワタ(ポリエステル)を詰めて紐の端っこに縫い付けます。
(紐は結んで玉状態にしていたほうが縫い付けが強くなります)

赤でしたら、プチトマトみたいで可愛かった。
緑の布でヘタとか付けたら、なおトマトになったかもなぁー。


さて、つぎはもうちっと早く更新しましょう…。。
[2013/04/01 23:35] | ワーキングマザー、保育園など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |