FC2ブログ
TopRSS管理
ボタン練習グッズ。
最近洋服のボタンが気になるようで、私の膝に座って、着ている服のボタンをイジイジ・・・。

練習するのは大いに結構なんだけど、家事がしたいし。

ちょっとあとでねー、と言おうもんなら「こっちゃん、ボタンする!ママダメ!」と怒られます。


チャックも気になるらしく、通園用のジャンパーのチャックを自分で上げたがり、もちろんうまくできずにキィーッ!!ってなってます。
これは練習あるのみだもんね、、。


時間があったら、練習用にボタンやチャックの付いた布絵本を作ってあげられるんだけど、今回はかなりの手抜きで。

まず、もう小さくなって処分する服を数枚用意します。

DSC00927_convert_20111226105527.jpg

プレーンTシャツ、ホック付Tシャツ、チャック付Tシャツ、ボタンカーディガンなど種類の違うものを。

DSC00928_convert_20111226105641.jpg

プレーンTシャツの首、手首部分を縫い閉じてしまい、中に古着や綿などを詰めて座布団くらいの厚みにしてから、裾も閉じてしまいます。

DSC00933_convert_20111226105718.jpg

我が家はチャック付Tシャツがなかったので、普通のTシャツの真ん中をぶった切り、無理やりチャックを付けましたけど・・・。
付けるチャックは「オープンファスナー」でないと、ジャンパーのようにカチャっと全部外れないので要注意。

そして、ちゃんと丈の長さを測って買わないと、私のように裾の長さが足らずに布を付け足す羽目になります(笑)。
私のお古の服からレース部分を無理やり付け足しました。。

「オープンファスナー」っていろいろ売ってるんですが、金属のものよりもプラスティックで大きいものが子供には安全で扱いやすいと思います。

DSC00935_convert_20111226105744.jpg

そして、服を重ね着させるようにして、襟首あたりや両脇あたりをずれないように縫い止めます。

DSC00936_convert_20111226105833.jpg

完成!!
お古の洋服重ねただけ!!

「気に入ってたけど、小さくなってしまって、、でも可愛くて捨てられない」とかいう服を使うと愛着が湧きます。

作ってみて思ったのですが、モロ洋服なので意外と机の上などにあると邪魔くさい(散らかって見える)。。

袖は必要ない部分だから、取っ払って四角い形にしてもよかったかも。





クリスマスプレゼントの予定だったんですが、クリスマス前に見つかってしまいましたー。

一生懸命ボタン練習してるから、まあいいか。。
スポンサーサイト



[2011/12/26 10:49] | 手作り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
プレ・プレゼント。
もうすぐクリスマス。

上の娘は2歳なので、しっかり物をもらう喜びはわかっているものの、クリスマスという概念がいまいちわかってないかも。

ツリーを出して、飾りをつけて、、でも「サンタさんからプレゼントをもらえる日」ということってわかるのか?


子供のころ、一定の年齢まではしっかりサンタさんを信じていた私は、朝起きたらプレゼントがあるのが嬉しくてしかたなかった!

ウチの両親はサンタさんを信じさせるために、あれやこれやと努力していたようで…。

サンタさんに手紙を書けば、筆記体で英語のメッセージが返ってきたし、夜にやってくるサンタさんにおやつを置いて寝ると、朝少しかじってあったりした。

「サンタさんは外国人なのに、なんで日本製のおもちゃが来るの?」と聞けば、次の年は見たことないような外国のお菓子がプレゼントに入っている。

ある年、夜中にプレゼントを忍び足で運んでいる父と目が合ってしまうという事件が起こるまで、しっかりサンタさんを信じる純な子供だったのです(笑)。


まあ、種明かしがあってもやっぱり楽しいクリスマス。

2歳児にもわかりやすくクリスマスプレゼントの楽しさを理解してもらうために「クリスマスの夜はサンタさんが来て、プレゼントをくれるんだよ」という内容の絵本を見せたいなー、と。

いろいろと探したんですが、ちょっと年齢が上の子向けのものが多くてですね。。

文字が多すぎたり、話が複雑すぎたり。
宗教色が強いのも、クリスマスがただのイベントな典型的日本家庭の我が家には合わない。

ということで、なかなか“ふつうの”クリスマス本がない!

大きい書店に行って、やっと見つけました!

『さんかくサンタ』

moblog_20b5ab75.jpg

さんかく、しかく、まる、、など簡単な図形の貼り絵。

『ねないこだれだ』みたいな感じ。

moblog_ad38376a.jpg

これをクリスマスまでに何度も一緒に読んで、「クリスマスはサンタさんがこっそりプレゼントをくれるんだよ」と教えてあげよう。
プレゼントの理由を理解させるための、プレ・プレゼントというわけです。

そして、「いい子にしてないとサンタさん来ないぞ~」と・・・。
(こっちが言いたいだけかもしれない(笑)。)

[2011/12/20 09:55] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トイレ考。
moblog_763f6224.jpg

手前に奏ちゃん、奥に琴ちゃんが居ますが…。




なんとテーブルに突っ伏して寝とる!
足は軽く爪先立ちな状態で。

あまりにもおかしい寝方だったのでビデオにも撮りました(笑)。

実は直前に琴ちゃん、トイレで大を頑張りまして、号泣しながらの出産の後、まさに「力尽きた」感じでこんなとこで寝落ち。。


あ、トイレと言えば前からちょっとした悩みが。

リフォーム前のトイレでも同じだったんですが、ウォシュレットがね…。

なんていうか…、「ベストな位置」に当たらないんですよ。

最大まで前にノズル位置を調整してギリギリ。


私は標準的な位置に穴がないのか??

みんなあんな後ろに穴があるのか?

…と、悶々としてたんですけど。


どうなんですかね。
実に平和な悩みです。


[2011/12/17 23:56] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
息子、無事にお食い初め。
「二人目はうっかりお食い初め忘れてたわ・・・」とかいう話もたまに聞きますが(笑)、なんとか忘れずにお食い初めをできました。

今回は準備が上の子のときよりも時間がなく、自分で作ったのはお吸い物と鯛の塩焼きだけ…。
刺身はいつも買ってるとこで注文だし、お赤飯や茶わん蒸しは実家の母頼み~。

それでも準備中に琴ちゃんが「ママー!ママー!」でギャーギャー言ってて大変だった。。

DSC00903_convert_20111215105003.jpg

なんだかむっつりしてます。

娘の時はどんなだったかなぁ~と、過去の日記を見てみると、、↓

「お宮参り、お食い初め」(2009/09/25)

やっぱ顔が似ている!
でも表情が柔和な女の子顔、しっかりの男の子顔って感じです。


DSC00914_convert_20111215105045.jpg


主役ではないことを察しているのか、ちょっと白けて鼻に指を突っ込む娘(笑)。

ってか、うちの子たちはふたりともものすごい垂れ目だなぁ。。

奏ちゃんは眉毛が上がっているから、よけいに垂れ目が強調されてるわー。
(実家の父に似ている・・・。)
[2011/12/15 11:01] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
産後3ヶ月。



産後3ヶ月経ちまして、始まりましたよ。

抜け毛の時期突入です。。

私も出産するまで知らなかったことですが、産後しばらくするとものすごく髪の毛が抜けるんですよ。
前回は4か月を過ぎてからがすごかったけど、今回はすでに始まりました。

シャンプーすると、もう両手にごっそりと・・・。
排水溝は一回で詰まります。

私は髪がかなり多いほうなので、半分くらい抜けても大丈夫な気がしますが、これ、毛量が少ない人は不安になるだろうなー。。
(大丈夫、半年くらいしたらまたしっかり生えてきます。)


妊娠、出産は経験して初めて知る体の変化や負担が多いですね。

二人ともまさか早産するなんて思わなかったし・・・。

世の中の妊婦雑誌や特集、芸能人のオメデタ出産ニュースがあまりにも良い部分しかクローズアップしてないというか。

素敵妊婦生活。
マタニティヨガ、ウォーキング。
可愛い妊婦ファッション。

こういうマタニティライフを送れる人ももちろんいるけど、ずっと薬漬けの入院生活だってありうる!
そして、それは妊婦本人の責任ではなく、どんなにアクティブに好きなことしてても安産の人は最後まで安産。
食生活や行動に気を付けまくってても、切迫流産や早産になる人もいる。

産後なーんにもしなくてもすっきり元の体型にもどる人もいれば、何しても戻らない人もいる。

個人差が激しく、そして自分がどのパターンかなんて経験しないとわからん・・・。


もうちょっと妊娠出産の危ない部分も情報として知っておかないと、「まさかこんなはずでは」と愕然としますね。

芸能人はとにかく高齢出産が多いですが、実際は高リスクなことです。
アラフォーでも妊娠して、出産して、きれいなママとしてスマートに復帰。
素敵妊婦・子育て生活や産後ダイエット本を出版。

うそ!
実際は芸能人だってもっと苦しい妊婦生活、出産をしている人だっているはず!
私みたいに切迫早産でウテメリンMAXで寝たきりだった人もいるはず!
みんな隠してるだけじゃないの??

と、ちょっと検索してみたら・・・。
居ました。

モデルの梨花さん。
出産のとき、母子ともに危なかったみたいですね。

あと、女優の木村多江さん。
数か月も入院しての出産だったようです。

妊娠出産は病気じゃない、という意見ももっともだけど、免疫力も体力もふつうの状態ではなく、なにより自分一人の体ではないという状態。

出産したあとも、心身共にもとに戻るには時間がかかります。

もうちょっと、芸能人のみなさんはそういうマイナス部分もクローズアップしてくれないかなぁ…。

それらを超えて、余りある喜びもあるのが出産!ということで!!

[2011/12/09 10:15] | 妊娠・出産・お乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>