FC2ブログ
TopRSS管理
手ごろな加湿器。
のど風邪の治りが悪く、寝るときだけ咳が出るようになってしまいました。
やっぱり部屋の加湿が必要だな、と本格的に寒くなる前に加湿器を物色。

加湿器って季節ものだから、使わないシーズンにしまうことを考えると、小さいほうがいい。
(家族が増え、収納の効率化は永遠の課題・・・。)

子供が小さいので、加湿部分が熱くならない超音波式がいい。

そして頻繁に掃除しないもんだから、けっこうワンシーズンでカルシウムがびっしりついてダメにしてしまったり(笑)。
ってことは、お安いほうがいい・・・。

去年はそこらへんの薬局で3000円台でてきとうなものを購入しました。
ひたすら加湿だけできて、調節は2段階まで。
いちおうアロマオイルも使えるやつ。

でもやっぱり見た目がね・・・。


そして今年は手ごろなお値段でいいもの見つけました。

DSC00870_convert_20111030133322.jpg

4000円弱。

PRISMATEってメーカーなのか?

色は数色あったんだけど、昔の冷蔵庫みたいな色のグリーンに惹かれた(笑)。

この上の部分にアロマオイルを垂らせるパッドがついてます。

DSC00871_convert_20111030133447.jpg

本来、香水なんかも含めて、においのするものは苦手なんだけど、、このにおいは好き。
甘い匂いにジンジャーやシナモンみたいなスパイシーな香り。

この加湿器は加湿量が微調整できます。
便利~。

とりあえず、塩猫の寝床の近くに置いたら、すごく迷惑そうだから置き場所を別に用意しなくちゃね・・・。

DSC00872_convert_20111030133534.jpg


マイナスポイントとしては、水を補充するときにタンク部分の上をひっくり返して持って行けないこと。

アロマパッドが水を含んでいるもんで、ひっくり返すとポタポタ垂れてくるもんでね。。

まあ、タオルで下を支えつつ、タンクをひっくり返さずに運べばいい話なんですけどね。

カートリッジやアロマパッドなどの交換部品も売ってるみたいだけど、本体が4000円しないから買いなおしたほうがお得かもしれません。

わりと気に入ったので、リビング用とは別に寝室用も買ってもいいかもな。
まあ、もう少し使ってみて様子見ですね。
スポンサーサイト



[2011/10/30 13:53] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ママ需要高騰。


↑弟の耳を折りたたんでおります。
お宮参りも滞りなく終わり、生活が落ち着いてきました。

お宮参りの日がたまたま福岡シティマラソンの日だったもんで、姉一家が福岡に来てました。

義兄はきっちり車椅子部門で優勝したのち練習に出掛けたので、姉と姪っ子の名咲がお宮参りに参戦。

よく手を繋いでおります↓。

DSC00821_convert_20111027225034.jpg

背は少し琴子のほうが高いかな?

奏助は、琴子のときと同様に始終寝てました。

DSC00859_convert_20111027225310.jpg


さて、最近の娘はというと…。

赤ちゃん返りを心配してたけど、あまりそれは感じられず。。
嫉妬から弟への攻撃性もまったく見られません。
どちらかというと、興味本位で足の裏を触ってみたり、耳をいじってみたり。

泣くと、「赤ちゃん、えーんってよ。おっぱいかな。」などと報告してくれます。
どっちかというと、世話焼きお姉さんになりそう。

でも明らかにものすごいママっ子になりました!!

なにをするにも「ママがいい!」。
風呂もママと入る!
歯みがきもママ!
寝かしつけもママ!

っていうか、ママの言うことしか聞かない。

一生懸命パパが色々と誘ってみても、圧倒的なママ人気。

そりゃあ、ママ需要が高いのはママ冥利に尽きますが、、ママの体はひとつなのでフル回転です。

左乳で授乳をしつつ娘とご飯を食べ(右利きだから可能。)、授乳の合間に娘を風呂に入れ、続けて息子も風呂に入れ、風呂上がりの授乳が終わったら娘の歯みがきして、寝かしつける。

娘が寝たらそっとベッドを抜け出してまた授乳(笑)。

ほんとフル回転!!


こうなるとたいへんだから、あらかじめ娘をパパっ子にしておく作戦だったのに、私の緊急入院で長く離れたためか、気が付けばすっかりママっ子に…。

可哀想なのはパパで、ママ需要のとばっちりで「パパいや!ママがいい!」と言われて傷ついてますー(笑)。


かわりに、私が娘にかかりっきりのときに赤ちゃんの世話をすることが多く、赤子スキルが向上してます。

スパッとミルク作って飲ませてたり、私よりうまくゲップを出す技を身に付けてたり。

ママ需要も、じきに治まったらすんなり前のパパっ子に戻るような気がしてますが、どうなんでしょうねぇ。


[2011/10/27 22:33] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
乳腺炎コワイ。
今週は風邪と乳腺炎のダブルパンチでK.O.されてました。
というか、風邪で体調が悪かったので乳腺炎になっちゃったんでしょうね。

しかし、乳腺炎の進行は早い!

火曜日の夕方、ちょっと左のおっぱいが痛いかもな~、詰まりかけてるのかな。くらいに思ってました。
だから、上の娘をお風呂に入れるときに詰まりがないか乳腺をチェック。
予想通り、お乳の上っ側が固く、出がおかしい乳腺ができてる。
ちょっと頑張ってみたけど、いつものようにすんなりと詰まりが取れる様子がなく、あきらめました。

風呂からあがり、Dパパに「ちょっとおっぱいの調子が悪いから、母乳マッサージに行かないとダメかも」程度に報告。

そうしているうちに、なぜだかどんどん寒くなってきて・・・。


おっぱいもどんどん痛くなってくるし、尋常じゃない鳥肌。
これは、「夜になったから冷えてきたね」とかいうレベルじゃない!

急いで靴下を履き、冬用の下着、ルームウエアを着込んでもまだ手足が冷たい。

冬用の羽布団を引っ張り出してくるまって、、これは乳腺炎の悪寒に違いないと確信。
悪寒の次に来るのは、高熱だ。

急いで出産した病院に電話して指示を仰ぐ。

来れそうなら、いまからでも病院に来て助産師が診ましょうか?と言っていただいたけど、、Dパパは晩御飯から時間がたってるとはいえ、ビール1缶飲んでるから運転してほしくないし、私がこの状態で運転していくのは危ない。
しかも、乳幼児2人いるから置いていくのも難しい。

助産師さんから詰まってる側の授乳の仕方を指示してもらい、それで症状がストップしそうなら明日診せるか、近所の母乳マッサージに行く。
おっぱいの痛みが増しそうなら深夜でも病院に駆け込むってことに。

結局、アクロバティックな体制で息子におっぱいを頻回授乳して、おっぱいの痛みはストップしました。
かわりにどんどん熱が上がって・・・。


次の日の朝イチで、近所の桶谷式母乳マッサージをしてもらいました。

普段は痛くない施術で有名なんだけど、さすがにめっちゃ悪い状態だったからちょっと触られただけで歯を食いしばる痛さ!!
詰まりは上側だけでなく、外側も何か所も詰まっていたもんだから、詰まりが取れたときはそりゃあもう噴水のように乳が吹き上がるのを見てビビリました(笑)。

さすがプロ!
両手を合わせて拝みたくなりました。
しかしこれまでで一番悪い状態だったため、数日連続で通うことになりましたが。。
(けっこう高いので、出費が痛い。)

ほんと、たまたま近所にあるので息子を抱いて歩いていくのですが、もう帰り道はフラフラで。
帰宅して熱を測ると、またもや39度近くまで上がっている。

寒気と発熱を交互に繰り返しつつ、しかし息子の世話でまとめた睡眠が取れず、、な苦しい数日を過ごしまして。。


やっと現在、乳腺炎のほうは落ち着いた感があります。

息子がグズグズするのもどうやらおっぱいの不調に原因があったみたいで、数日前よりも寝るようになっています。
乳腺炎のときのおっぱいって、めっちゃしょっぱくて不味いんですよねー。
だから、飲みたくなくてグズってたみたい。
息子、なかなか気づかずにごめんよ。

今回、初めて高熱を繰り返すほどの乳腺炎になりましたが、ほんと痛みとか苦しさとか、もう嫌;;。

やっぱり普段の食生活(乳製品、肉、油系とか)気を付けないとおっぱいに出るタイプでしょうね。
あー、、ただでさえいろいろと制限が多くてストレスフルだから、せめておやつは食べたかったんだけどねー。

もう少し息子が量を飲めるようになってくると、乳腺炎もなりにくくなってきますので様子をみたいと思います。
[2011/10/22 01:22] | 妊娠・出産・お乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おつんつんの話。



奏ちゃん、かなり私に似ている気がします。
私自身、母親のクローンかって言われるくらいに似ていますが、奏ちゃんも同じ道をたどる?!


さて、タイトルの「おつんつん」のお話です。
一年以上前に同じジャンルの話を上の娘のときもしましたが(笑)。
『シモジモの話。』 (2010/07/26の日記)

NGワードに引っかかりそうなので、「おつんつん」とさせていただきたく。。


息子が生まれて、オムツ交換をするたびにギョッとさせられるのが、この「おつんつん」です。
娘のときは当然付いてなかった代物!

こんなプリティな赤子の時期になんで、、こんなにリアルな代物が付いてるのよ。
おつんつんの、「ツン」のほうはまだ見た目可愛いもんだ。
(とんがりコーンに似ている。)
「タマ」のほうは他の皮膚とは色も仕様も違ってて、グロい・・・。
しかも、拭くとじわっと動くのよ~;;。

Dパパに言わせると、動いて表面積を変えることで温度調節してるらしい。
だから暑いとだら~んと伸び、寒いとキュッと縮こまるそうで。

そして、「ウンチ出てるかな~」っとオムツの横から覗くとき、タマが邪魔でよく見えない。
あ、出てない、と思いきや、タマの逆サイドでしっかり出ていることも多々あり。。

なんでこんなものが最初から付いてないとダメなのよ。
これ、思春期あたりで後から生えてくれば良くない??とかブツクサ言いながらオムツ変えてました。


一か月を過ぎ、ようやくオムツ交換のときにドギマギすることはなくなって、それなりに良い面(?)も見えてきました。

それは、、どういう方向に拭いても大丈夫!ということ。


女の子はですねー、、拭く方向を間違うとダメなんです!
「溝」がありますからね。
思いっきり凹構造です。
ウンチを溝に向かって拭いてしまうと、不潔なんです。
尿道炎とか膣炎とかになっちゃう。
だから、拭く方向を考慮してオムツ交換しないとダメ。

男の子は凸なので、どういう方向に拭いてもOK。
最終的に綺麗に拭き取れればいい。
こりゃ楽ちんだ!!


しかし、、おつんつんについて私が恐れていることがまだあります。

男の子のママから、都市伝説のように語られる話・・・。


 「おつんつんは、お風呂のときに完全体にして綺麗にしてあげる必要がある」


・・・マジですか。


 「いっちょ前に、朝におつんつんが立派になってるときがある」


・・・怖い! もはや赤ちゃんじゃない!!

これほんとなの??と、うちの実家母に聞いても「女の子しか育ててないからわかんない」と言われるし。
かと言って、義実家のお母さんにこんなシモの話は根掘り葉掘り聞けないしー。


試しに沐浴中、おそるおそる完全体になるか試してみましたが、まったくもって無理そうで。
とんがりコーンのままでした。

先日遊びに来た、男の子ママにきいてみたところ、生後すぐの話ではなく1歳過ぎての話だそうです。


しかしこれは恐怖だわ。

かのフリーザ様の名言、「その変身をあと2回もオレは残している・・・」と言われたような恐怖感を味わっております…。


奏ちゃん、、そのへんの処理はパパにまかせるわ・・・。

[2011/10/14 13:35] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
里帰りから戻って。



連休中に里帰り先の実家から、自宅に帰ってきました。

Dパパががんばって綺麗な状態を保ってくれていたものの、やはり帰宅後の散らかりようといったら…。

入院後に娘を実家に預かってもらってたので、その荷物。
私の里帰りグッズ。
新しく赤ちゃんをお迎えするための乳児用品の数々。

そして、季節の変わり目に長期入院していたもんで、夏物がいっぱい家にあふれておりまして。。

帰宅後数日は、奏ちゃんの世話の合間をぬって片付けまくり!
空気清浄器のフィルターなども、カオスな汚れ方をしておりましたので、洗いまくり!

ようやく以前の日常生活を送れるレベルまでになりました。
(まだ衣替えが終わってないけど)

しかし、、家族が増えるとモノが増える!
ある程度思い切った片付けをしていかないと、容量オーバー必須ですよ。
ついつい「先で使うかも」と買った物の外箱なども取っておいてしまうのですが、処分してスペースを確保しないとダメです。


奏ちゃんはすくすくと育ち、顔もまん丸、足もムチムチしてきました。
こりゃ、オムツのサイズアップも近いな。

昼間はわりと寝ているのですが、夜になるとグズグズして朝5時くらいまでは授乳地獄です。

空気を飲み込みやすいらしく、
授乳後ゲップが出ないで泣く
→縦抱っこウロウロでなんとかゲップが出る
→ゲップが出た分の胃袋が空くのか、また乳飲ませろ~と泣く
→振り出しに戻る。

というサイクルに…。
そして朝は琴ちゃんがイヤイヤモード全開なので、パパの言うことをききません。
睡眠不足でもうろうとしたまま、朝の琴ちゃんの準備を手伝い、、。

お昼間、奏ちゃんが寝ている間に家事を進めておかないとならないので、なかなか昼寝ができません。
それこそ、琴ちゃんが帰宅する夕方までに夕食の準備まで済ませておきたい。
うーん。休息を含めて時間の使い方がまだうまくいっていないですね。

それでも育児休業中だから、上の子は保育園に通うことができるので普通の専業主婦の二人目育児よりは楽させてもらってる感じ?
これで日中、幼児と乳児の二人の相手をしつつ、、家事もこなしつつ、、なんて無理無理!!


ミシンなどもちょこちょこしていきたいけど、昼夜のリズムがつくという生後3か月くらいまでは睡眠不足のまま耐えるしかないですねー。
[2011/10/13 09:55] | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>