FC2ブログ
TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『運命のボタン』
キャメロンディアス、ジェームズ・マースディン主演。
夫役、エサをほっぺたに蓄えたリス顔っぽい。
どっかで観た・・・と思って調べたら、X-MENの目からビームの彼でしたとさ。

アーサーとノーマは、一人息子と暮らす3人家族。
NASAに勤めながら、宇宙飛行士を目指すアーサー。
哲学を教える教師であるノーマ。
幸せな家庭を築いている普通の夫婦であった。

そういった彼らの元に、ある日の早朝、謎の「箱」が届く。
いぶかしみながら開封してみると、中には「赤いボタン」がひとつ付いた鍵付きの木箱が。

同封の手紙には、「スチュワードが5時に回収に伺います。」とだけ書いてあった。

まったく意図がわからないまま、5時に一人の男が家にやってくる。
スチュワードと名乗るその男は顔に酷い欠損があり、
態度はとても紳士的なのがまた、不気味であった。
スチュワードは対応したノーマにひとつの提案をする。

それは「箱のボタンを押すと2つのことが起きる」、ということ。
ボタンを押すと「夫婦に100万ドルが手に入る」が「見知らぬ誰かが死ぬ」。
箱の鍵を与えられ、この選択権を得たノーマ。

猶予は24時間。
この権利を放棄すると、また知らない誰かに箱は届けられ、権利はその人へ。

金かモラルか。
幸せな家族がいるが、現実的に家計は厳しい。
ノーマとアーサーはどうするのか。
そもそも、この「箱にまつわる権利」の目的はなんなのか。

-----------------------------------------------
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/11/05 19:58] | あ行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
『インクレディブル・ハルク』

科学者ブルースは、軍の生物兵器と知らずに研究を続け、
自身の人体実験の暴走により緑色の怪物「ハルク」に変身してしまう体質になる。
変身のトリガーとなる心拍数を抑えるトレーニングを行いながら、
逃亡生活を続け、元の体に戻るための研究を続けていたが、ついに見つかってしまう。
ネットを通じて出合った協力者のもとへ、旅立った同じ時期、
軍の大佐は、より従順で強い「ハルク」の準備が進んでいた。

前作の『ハルク』が面白くなかったので、てきとーに観てたんだけど、
こっちのほうが面白かったかなぁ。配役が好きだっただけかも?
最後に、『アイアンマン』とつながる感じだったので、次作はタッグを組むってこと?
[2010/01/27 00:15] | あ行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『アイアンマン』

武器製造会社の天才発明家 兼 社長、トニー・スタークは、
営業先の軍キャンプでテロリストによる襲撃に合い、武器製造を強要される。
ミサイルを製造していると見せかけて、ガラクタからパワードスーツを作成し、
脱出に成功するが、テロの現場で自社製品が悪用されていることを知ったトニーは、
武器製造をやめることをマスコミに宣言し、自身でパワードスーツの改良を始める。

予想よりも面白かった。アメコミヒーロー特有の、暗い設定がなかったのが
新鮮だったのかもしれない。とにかく、トランスフォーマーの変身シーン、
バッドマンのマシーンにわくわく出来る人には最高に面白い娯楽映像。

[2010/01/18 09:29] | あ行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『WALL・E/ウォーリー』


ゴミだらけの地球で、たった一人でゴミ回収作業を続けるお掃除ロボ「WALL・E」。
彼の楽しみは、ガラクタの中から“宝物”をコレクションすること。
彼の夢は、“宝物”のVHSで観たように、いつか誰かと手をつなぐこと。
何百年もそうやって過ごしてきた「WALL・E」の前に、最新型の探査ロボ「EVE」が現れた。
仲良くなりかけたものの、EVE は WALL・E の“宝物”のひとつを回収すると急に動かなくなる。
母船に回収された EVE を追って、 WALL・E は初めて地球を飛び出す。

ロボットから感情が生まれるまでの経緯とかを書くのかなぁと思っていたけど、
そんな小難しい内容ではなかったので、ある意味スッキリと楽しめた。
DVD特典映像の、母船の他のロボットたちのミニアニメが面白い。
本編の裏で進行している物語なので、本編を見終わったあとで、観たほうがいい。
[2009/11/07 09:32] | あ行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『アイランド』


以前も一度見てたんだけど、地上派で放送があってたもんで。
地上が汚染されたあと、人類はシェルター内で集団生活を余儀なくされていた。
「アイランド」と呼ばれる“汚染をまぬがれた島”に移住することが、
シェルターで暮らす人々の唯一の希望。
定期的な抽選会で、当選したのみが招待される「アイランド」の真相とは?

これによーく似た、日本の少女マンガがある。
原作者はこのマンガ読んで考えたんじゃないかなぁぁ。
まあ、パクリとか考えなくても、題材としても面白い映画だと思う。
[2009/10/30 18:33] | あ行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。