FC2ブログ
TopRSS管理
『マリールイズ いえでする』
確定申告で医療費控除やらなんやら済ませ、
やっとひと段落です。

来年度の保育料が下がりますように。。。

正社員→パートで減収なのに、保育料は前年度ので算定されるため、
昨年はほんと金銭的な不安が尽きませんでした・・・。

「夫の扶養の範囲内」というのも初のこと。
税金やなんや、かなり優遇?されていることも知りました。
子供が小さいうちは、こういうふうな選択肢ももちろんアリだなぁ、と思いました。

でも今年はもしかしたら、「103万の壁」を微妙~~~に超えそうな予想もあり・・・。
そんなら、副業としてフリーランス活動して開業届を出してしまおうかなぁ。
とも考えつつ、税金などを勉強中。。



さて、うちの子供の絵本もいろいろと増えてきております。
もちろん私が選んでるんですが、「これはけっこう子供にウケが良かった」
というものを、たまに紹介しようかと。


『マリールイズ いえでする』




悪いことをして、ママからお尻を叩かれたマングースの女の子、マリールイズのお話。

「もうママは私のこと、嫌いなんだわ!」

と、新しいママを探すために家出します。




マリールイズはいろんな動物のお母さんのところへ
「あたしを子供にして!」
とお願いするんですが、これがことごとく断られる、、という。

思い通りにいかないマリールイズの口調がナマイキで可愛いです。

けっこうページ数が多く、読んであげると疲れるくらいなんですが(笑)。
ママに口答えするような女の子向けかもしれません!!

うちの娘はかなりお気に入りで、読んでーともってきます。


言うことを聞かない女の子がいるママさん、ぜひ読んであげてください。(笑)









スポンサーサイト



[2014/01/31 21:20] | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
うろおぼえものがたり8
私が絵本フリークなのを知ってか、友人が絵本をプレゼントしてくれました。
「おつきさまこんばんは」という、やさしい読み聞かせの絵本。
私が子供のころ、どんな本を寝るときに読んでもらってたかなーと思い返すと…。


う、、、思い出した…思い出したくなかった…。


これっぽい話知ってる人で、「違うよ!」って部分は教えてください。
(おおいに私の主観が入っている解釈ですので。)
続きを読む
[2009/01/08 00:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うろおぼえものがたり 7

会社の人(既婚2名、未婚1名)と飲みに行ったとき、
「結婚って、家族をつくるって結局なんなの?」って話で思い出した絵本。

結婚って、契約のことなのか。
それとも家族を作ることなのか。
家族を作らなければ結婚と同棲と違わないんじゃないのか。
一生一人で生きる自由な幸せと、家族が出来る幸せはどう違うのか。

人に愛されること
自分を愛すること
他人を愛すること

孤独と悲しみを知ること
「生」をまっとうすること

このへんの難しい話が、この絵本にあるような気がしてるんだよなー。

たぶん、読み手の状況によっていろんな解釈ができる絵本だと思う。


続きを読む
[2008/04/22 00:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『船を建てる 』 1-6巻
全6巻。鈴木 志保。
大きい書店でないとないかも。現在廃盤かも?
初めてコレを見つけたのは高校生のころ。
人間のような暮らしをしているアシカの世界。
お互いに旅の途中で出会った煙草とコーヒーという2匹のアシカが中心の短編集です。
短編でありながら、つながりを感じる話が多く、全体のテーマは多分「愛」と「居場所を求める旅」。
セリフも心に残るものが多く何度も読んで、涙が出る作品。

話の内容もさることなら、エピソードやタイトル、コマの絵など映画好きには「あ・・・」と気づくポイントも多い。
絵の描き方、コマ割が独特で、フランス映画のような雰囲気もある。
とにかく私の中では☆10個つけてもいいくらいに好きな漫画です。
[2007/07/10 00:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うろおぼえものがたり 5
『鈍感力』で思い出した本。
トルストイ作、めちゃくちゃ有名ですが、
読んだ当時、子供ながら「欲」について考えた記憶が。

しかし、前回の「うろおぼえものがたり」が去年の7月だから、
ずいぶん長いこと書いてなかったんやなー。
うろおぼえな話のネタはたくさんあるというのに。
まあ、今回も”うろおぼえ”ですから、
解釈の仕方によっては内容を間違って記憶しているかも、です…。

続きを読む
[2007/04/04 00:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>