FC2ブログ
TopRSS管理
『NEXT』

ニコラス・ケイジ主演、ジェシカ・ビールがヒロイン。
自分の2分先までの未来を見通せるという能力を持った男。
見通せるのは自分自身に関わることだけなのに、
切迫した核爆弾テロを追うチームに加わることを強要される。

はっきりいって、つまらない…。個人的に、ニコラス・ケイジは
いい俳優だと思うけど、あんまり面白い映画に出ないよなぁ。
「マッチスティック・メン」とか「あなたに降る夢」は良かったけど。
あと、ジェシカ・ビールに魅力を感じないから面白くないのかなぁ。
スポンサーサイト



[2010/01/27 00:14] | な行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『28週後...』


猛ダッシュするゾンビ系映画、『28日後...』の続編。
体液、血液から感染し、ものの数十秒のうちに発症するウィルスが蔓延したロンドン。
前作で、襲う人間が居なくなって保菌者であるゾンビたちは餓死した。
政府は、限られた安全な区域のみをアメリカ軍に守らせ、
国外に脱出していたイギリス国民たちを帰国させることにした。
一方、ゾンビに襲われる妻アリスを見捨てて、混乱を生き抜いたドンは、
国外から子供たちが帰国するのを待ちわびていた。
父から母の死を聞かされた子供たちは、荒廃した町を駆け抜け、
母の写真を取りに禁止区域にある自宅に向かう。
自宅には、ゾンビに襲われたはずの母アリスが!
感染はしているが生まれ持った特殊な遺伝子によって発症を免れた母は、隔離される。
妻に負い目があるドンは、アリスに許しを請いに隔離施設に入ってしまう。

とにかく、「ダメな男」を演じさせたら右に出るものは居ないローバート・カーライル。
今回も期待を裏切らない男です。(愛があるけど人間臭いダメな男)
前作も、動物愛護を訴える団体が実験動物を無断で逃がすことで起こる悲劇、
というブラックな設定だったけど、今回もそんな要素満載。
アメリカ軍が世界を守るために、生きてる人間をバンバン見捨てていきます。
一方、免疫研究の鍵となる遺伝子を持つ姉弟を、命も顧みずに守るというヒロイズム。
やっぱりイギリス映画は面白いわ。映像も音楽も。
「感染しているのに、家族の愛情が残っていて一瞬人間っぽい情愛を見せる」とかいう
よくあるシナリオも一切ないところが潔い。
だって彼らはゾンビだもの!
[2009/11/07 09:31] | な行 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
『ニューヨークの恋人』


ちょっと前のメグ・ライアン主演の恋愛もの。
これ、タイムトラベル系とは知らなんだ…。
ニューヨークのキャリアウーマンが、時空を超えて過去からやってきた紳士と
運命的な恋をするという話。
ラストはハッピーエンドなんだけど「そのあとどう説明すんだよ!」
という不安に駆られてしまう。ご都合主義というか…。
[2009/10/30 18:29] | な行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『日本沈没』


草なぎ剛主演。柴咲コウがヒロイン。
これ、最後までちゃんと観るのは初めて。
原作とはだいぶ違った設定なのね。
沈み行く日本に対しての諸外国の対応は、
原作のほうが現代社会にあってるような気がする。
日本が沈没する危機だっていうのに、官僚の大地真央は
完璧フルメイクだし、何日もお風呂なんて入れないはずの
柴咲コウの髪の毛が美しいってのはちょっと・・・。
さらに、抑え目の演技で及川光博が出てるんだけど
役名が「ゆうき」という名前なことにD君が笑ってた。。
そんで、物語の後半は、、アルマゲドーン!?な展開に。

まあコレを観たのも、『日本以外全部沈没』が観たいから。
よーし、心置きなく観るぞ!
[2009/10/30 18:29] | な行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『25時』


「アメリカンヒストリーX」の監督。
25時間後、警察に収監される予定の男。
 「誰かが自分を警察に密告した。」
猜疑心と、親しい人への愛、刑務所内での絶望的な暮らしを思いつつ限られた時間の中、友人と家族、恋人と過ごす。

サスペンスではなく、あくまでもドラマ。
カメラワークが凝ってて、割と好きな映像だった。
[2009/10/30 18:17] | な行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>